住宅建設って大変?補助金から税金まで

住宅建設にかかるノウハウをご紹介しよう

住宅ローンと団体信用生命保険

住宅を購入する場合、ほとんどの人は銀行の住宅ローンを組んで購入費用を工面することになります。
その際に住宅ローンでの融資を行う条件として求められるのが団体信用生命保険への加入です。
この団体信用生命保険とは、万が一、住宅ローンの契約者が亡くなってしまったときや仕事ができない状態になってしまったときに、ローンの契約者の代わりに保険会社がローンを支払ってくれるシステムのことを指します。
住宅ローンの返済というものは何十年間も続いていくことになるので、このようなシステムがあるのです。
この団体信用生命保険という制度があるおかげで、ローンの契約者が返済をできなくなってしまったときであっても家族に迷惑をかけるようなことにならずに済むのです。
しかし、団体信用生命保険で保障されるのはローンの契約者が「死亡および高度障害の状態」になったときのみに限定されるので、怪我や病気などで収入が途絶えてしまったときなどには保険会社がローンの支払いを肩代わりしてくれません。
そのため、住宅ローンを組む際には団体信用生命保険のほかに、その保障内容を補えるような怪我や病気に対しての保障がある医療保険への加入をしておくことをおすすめします。

Previous

Next