住宅建設って大変?補助金から税金まで

住宅建設にかかるノウハウをご紹介しよう

住宅ローンの家計の割合とは

収入における住居費の割合を住居係数といいます。賃貸の場合、これが0.3以下であることが重要であるとされています。
つまりは、大凡ではありますが、3割以下であるべき、というのが大半の見解であるわけです。
これは住宅ローンの割合にも言えることになります。
要するに毎月に支払う返済額です。
これを住宅ローンでも収入の3割程度までに抑えると非常に負担を軽く、返済が続けられるようになります。
しかし、実際にはこれはかなり厳しいです。
個人の収入によって違うわけですから、一概に言えることではないですが、3割は相当に大変です。
これは3割を住宅ローンに割くのが大変なのではなく、その金額で組むのが厳しい、と言うことです
割合も重要ではありますが、やはり金額がポイントになってしまうのは確かです。
10万円、15万円程度の月々の支払いは意外と多いです。
これが3割としますと手取りで30数万円は稼いでいる必要があります。
これが現状では平均年収以上になりますから、厳しいことになると言わざるを得ないです。
しかし、ボーナス払いなども考えて見れば、実現は十分に可能性としてあります。
上手く計画を立てて、頭金も用意して、少しでも金利が安いところから借りるとよいでしょう。

Previous

Next