住宅建設って大変?補助金から税金まで

住宅建設にかかるノウハウをご紹介しよう

住宅ローンの五年固定の契約

住宅ローンの五年固定で契約を結ぶ事とすれば、五年間の金利はそのまま固定されていて現状の金利をそのまま固定して契約を結ぶ計算となります。
五年後になればそれが解除されて、また変動金利と固定金利のどちらかを選ぶ形で契約を進めていく事となります。
住宅ローンでは、最大で35年間の返済期間を設ける事が出来る為、やはり固定期間が長くなればそれだけ返済する利息も増えていく計算となります。
そこで出来るだけ安く利息を支払う状況としては、やはり固定金利などで経済状況に左右されずに固定した金利で対応してもらうなど、銀行としても変動よりも固定で安心して返済を行ってもらう方が良い所もある様です
そこで五年固定などの住宅ローンの商品で低金利の現状を利用して契約を結ぶと、かなりの安い金額で契約をする事が出来る様です。
五年固定での金利も1%を割って契約が出来る所もあり、銀行選びとしてもそれぞれに住宅ローンの金利の安い商品を持っている所が増えています。
五年固定での借入で住宅ローンを返済していけば、まだまだ先は長い計算となりますが、まずはその間の経済状況なども判断しながら契約も考えて、五年固定での取引を行う事として考えていきます。

Previous

Next