住宅建設って大変?補助金から税金まで

住宅建設にかかるノウハウをご紹介しよう

バブル崩壊から起こったゼロ金利

今年になって良く見聞きする経済のニュースといえば、マイナス金利。しかし経済に馴染みがない人等は、それがどんなものでどんな影響を及ぼすのかなどは、いまいちピンと来ないかもしれませんね。
そこでマイナス金利に至った経緯やその背景にあるバブルやゼロ金利政策についてお伝えします。
1990年代の日本はバブル経済という稀にみる好景気で、今では考えられないほど経済界は盛り上がっていました。
しかしそのバブルも長続きせず、やがてバブルが崩壊すると、日本の経済は急激に悪化しました。
景気が悪いとは、簡単にいうと世の中に出回るお金の量が減っていき、物が売れなくなることです
物が売れなくなり価値が下がり続けた結果、長い間続くデフレ状態になりました。
その状況を打破するために、銀行間における金利を下げてお金を貸し借りしやすくしました。
すると次にそのお金を企業や個人に貸し出す金利も低く設定することができ、結果世の中に出回るお金の量を増やすことを目指しました。
当時その金利が実質ゼロに限りなく近かったため、ゼロ金利政策とよばれました。
現在はそれがついにマイナスにまで下がってしまったんですね。
これがいわゆるマイナス金利なのです。
マイナス金利は、世の中にどんどんお金を供給し、企業や個人の消費を促して景気を回復させようとする政策です。
その背景にはバブルの崩壊やゼロ金利政策というのが基礎にあったということですね。

Next