住宅建設って大変?補助金から税金まで

住宅建設にかかるノウハウをご紹介しよう

住宅ローンで失敗しない組み方

住宅ローンを組む場合には、最後まで完済することができる人のほうが多いですが、逆に住宅ローンの組み方を間違えて完済出来ずに競売や任意売却をしてせっかく買った自宅を売却しなければならないという悲しい出来事を体験する人も少なくはありません。
では、どのような組み方をすれば住宅ローンを無理なく返済することができるでしょうか。
これを知るには、なぜ住宅ローンの審査に通り、完済可能と思われた人が、なぜ完済することができなかったのかを知る必要があります。
完済することができなかった人のパターンはいろいろありますが、これを集約すると「当初思っていたよりもお金がたまらなかった」という理由になります。
そうだとすれば、これから先にどんな出費が考えられるかを知っておくことで、間違えたローンの組み方を避けることが可能になります。
具体的には、自宅の修繕費や固定資産税、都市計画税など、必ずそこに住む上で必要になるだけの費用はあらかじめ計画に入れておくことです。
夫婦共働きの場合には、2人が毎月稼いでようやく返済できるような額をローンの毎月の支払い額にするとジリ貧になることは目に見えています。
夫婦どちらかが仕事を辞めてしまってもローンを支払いながら生活をすることができるぐらいの返済額にするべきです。

Previous

Next